偏食がないと言うよりは、何でも食べないと飢えるテンションだからそうなっただけだ。

何不自由しない生活を送ってきたボンボンほど偏食が硬い気がします。今まで、社交があった人間で偏食もちはすべて何不自由しない生活を送ってきた人間経ちでした。産まれ落ちたその瞬間から、住居には母さんがいてお父さんは日毎帰ってきてくれて、小学校くらいからお現金をもらえて、の間学徒になれば普通に反発期があって親と応酬をしたことの生じる人間経ちだ。料理はみんなで採り入れるのが当たり前で、惣菜は4もの以外あって一汁三菜普通という日々でそれ以外の日々はドラマか媒体のの間のものだと思っているんです。そんな人間たちってきっと食べたくないものがあって食べなくても生きていけたんだろうなあと思って羨ましく感じます。そういった私は、食べれる制限ならなんでも食べれる雑食好みだ。偏食もちのすべてからは羨ましいって仰るけれど、どうなんですかね。食べたくないものもあったけど、取るものがそれしかないから食べざるをえなかったし、食べたくないって言ったら皿か包丁が飛んでくるような自宅だったんです。物心ついて友人ができても、「他のキッズの住居に行くと栄華を覚えてくるから」と友人とは遊ばせて買えなかった幼児世の中を送るくらいなら偏食もちになった方がよほど歓びだったと思います。もっとも、避難日々でもしなければならないなら生き延びる大丈夫性が著しいのは私でしょうけど。